美容室マキシムは、お客様に心地よい空間を提供します

mail

予約

COLUMNコラム

福岡エリアマネージャーのコラム

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「痛勤」   第245号

2017.11.30

8月から毎日、宗像市まで渋滞の中を通勤して、あっという間の4ヶ月でした。5年前には逆に宗像市に住んでいて、春日・筑紫野市まで1年半程通勤していた時期もありましたのでそれからすると大した事ないかもしれませんがやっぱりストレスがたまります。大都会の満員電車を利用している方が聞いたら笑われると思いますが、時間のムダ、経済的損失大と言いたいです。渋滞は車社会の側面から仕方ありませんが、気分が悪くなる光景を頻繁に見かけます。それは今社会問題になっている“あおり運転”や不快な“クラクション鳴らし”です。事故も何で?と思うほど頻繁に見かけます。それがまた渋滞の原因となり、焦りから無謀運転になっているようで見かけるこちらがストレス大です。みんながストレスのない穏やかな社会になってほしいです。私はある先生から聞いて以来ずっと続けている事があります。それは「車のクラクションは鳴らさない」です。続けてみると本当に必要もないし鳴らせば他人をびっくりさせるか不快にさせる負の効果しかありません。歩行者が道にいても待てばいいのです。10年以上は継続していると思いますが困った事は本当にありません。朝は通学路を通りますが横断歩道で停まると小学生は頭を下げて渡り始め、渡り終わると振り返って再びお礼の一礼をします。その姿を見ているだけで温かくなります。
「マナーは思いやり」マキシムの社員研修のタイトルだった事を思い出しました。

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「健康診断」  第244号

2017.11.02

今年も健康診断に行ってきました。宗像市に住んでいた時からずっと同じ病院で検査してもらっています。スタッフや検査技士さんにお客様が多いのも気軽に受診できるキッカケとなっています。朝、大野城市からは時間がかかりますが、検査なのに居心地の良さと会話の楽しさ、まるで医療のテーマパークのようです。同じ病院という事もあって過去のデータとの比較ができ、経過観察所見やアドバイスをしてもらえます。またこちらから「ここはしっかり診て」とか「検査画像を見せて」とか細かな希望を叶えてくれるので親切です。知り合いが多い所はイヤだという人もいますが私は逆で、気楽で安心できるので好きです。

健康に気をつけている事といえばスポーツクラブに通っている事くらいでしょうか。週3日程、筋トレして走っています。筋トレは腰痛緩和の為に、ランは日ごろ室内ばかりで汗をかかないので汗を出して体を引き締める事が目的です。そして何よりも汗をかいた後にお風呂に入る事が一番の楽しみで続けています。“~しなければならない”そう思うと続かないし、辛くてきつく感じます。何事も気からですね!

皆様はどんな秋を満喫していらっしゃいますか?

 

 

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「秋の日は釣瓶落とし」 第243号

2017.10.01

8月よりくりえいと宗像店に入店しています。大野城市からの通勤は時間もかかるし、渋滞もするし、大変ですが、開店準備から携わり12年間いたお店ですので故郷に帰ってきた感がします。ずっと来店して頂いているお客様にもお会いでき言葉をかけて頂きました。おかげでお店にもすぐに馴染む事ができ、これまで支えて頂いた方々への感謝の気持ちと同時に私自身も懐かしさで会話が弾み楽しい時間を過ごさせて頂いています。くりえいとの町もどんどん開発され変わっている事にびっくり!私の住んでいた日の里も東郷駅前が整備されていました。しばらくの間、春日店、筑紫野店の皆様にはご無沙汰を致しますが年末にはまたお会いできたらと存じます。
暑かった季節もようやく秋になりました。休みの日に九州豪雨で被災した朝倉・うきは地区に足を運びましたが、土砂の流れたあとがまだまだ残っており、復興に力を注いでいる姿を目にしました。何もできませんでしたがこの地区で有名な梨、ぶどう、柿、そして産直野菜を買って帰りました。
つるべ落としの如く一気に日が暮れ、夜は肌寒くなっています。皆様も体調を崩されないようお過ごし下さい。

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「十七回忌」  第242号

2017.08.20

夏の甲子園。高校野球はドラマあり、感動あり、今年も熱い夏です。どんな状況でも笑顔で明るく元気が、理屈ではなく何か運を呼び込み変化をもたらすようです。これは経営や日常でも通じると感じる毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。8月はお盆があります。亡き人を偲ぶ日本文化の大切な行事だと思っています。ちょうど母の命日が12日だという事もお盆と向き合うきっかけを頂いています。今年は十七回忌法要でした。長男である私の家には仏壇があります。お坊さんのお経が終わり、法話の中で、思い出、感謝、親の気持ちを考える機会として下さいと話されました。亡き人は他人からすると姿や形、記憶も何もありません。関わった人は向き合うきっかけになります。そしてそれはその人の心の中にあると言う事でした。両親の年齢に近づくにつれ親の気持ちが想像できるようになりました。いつも笑顔でやさしかった母親。短気で怒ると怖かった父親。今ここに、幸せに生活できている事に感謝の気持ちを伝えたいです。普段人は満たされている事よりも不足を不幸と感じ、周りと比較して欲を出します。比べる事が不平不満、グチ悪口の原因です。お盆という節目に感謝のする心を忘れないと誓いました。

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「ゆうたの再来」 第241号

2017.07.17

九州北部豪雨の後、通勤中に路の真ん中を雨の中フラフラと歩いている犬を見かけました。この大雨で迷子になったのか、濡れながら元気なく歩いていた横を車で避けて通り過ぎました。その後春日店で朝礼を終え開店すると、なんとその犬がモールの中に入ってきていて店の前でマキシムを見つめていました。首輪はつけていませんでしたが飼い犬だったのか、人に慣れており、それとも疲れていたのか、近づいても逃げません。あまりに以前に飼っていた愛犬ゆうたにそっくりだったので気になって仕方ありません。老犬のようでその見つめる姿がそっくりだったので思い出しました。目が合った時には会いに来てくれたのかと思いました。その後、外に出ていきましたが、仕事中もまだ外でフラフラ歩いていないか、事故に遭っていないか、気になり何度か外を見に行きましたがもういませんでした。家に帰ってその話をして、ネットで調べてもらうと保健所に迷い犬として収容されている写真を見つけました。飼い主が見つかっていればうれしいです。
私はミニチュアシュナウザー2匹を16才の老衰する最後まで看取りました。悲しさからやっとまた犬が欲しいと考え始めていた時でした。我が家の犬のいない生活にも慣れ、外出も気にせず出来るようになりましたが、大変だった頃の生活が思い出されます。

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「人との縁part2」 第240号

2017.06.13

人とのご縁とは不思議なものです。一生の内でどれだけの人と出会い、どれだけの景色を見て、毎日を積み重ねていくのでしょうか?前号で「美容を一文字で表したら」と言うテーマで発表した入社式でのお話しを書いた時に“縁”と言う事を強く感じました。そんな美容とは縁だなと感じた出来事が先月ありました。それは福岡の美容学校での先生との出会いでした。6年程前に沖縄の美容学校にリクルートでお邪魔した際に担当だった先生がたまたま福岡出身の先生でマキシムの事を知っていて下さった事に感謝した程度の印象でした。その先生が今年入社した2名の社員が卒業した美容学校の就職担当の先生になっていました。いつものように来年度に向けた就職説明会を実施しに学校に行った際、「和田さんの事はよく存じております」と言われ、名刺を見た時に沖縄での先生だ!と思い出し、話が盛り上がりました。どこで人と人がつながっているかも不思議だし、どこで出会うかも縁だし、そう思っていると面倒だと思ってしまう事もある親戚付き合いもすごい縁だと感じました。
20年前にある人から言われた言葉を思い出しました。「食べ物の好き嫌いをする人は、同じように人に対しても好き嫌いをする」他人への感謝や思いやりより自分の都合や気持ちを優先しない優しい人になろうと感じた言葉でした。それが縁を広げる事につながると感じます。
美容とは縁。マキシム39周年。これからも感謝の心で過ごしていきます。
福岡エリアマネージャー 和田 悟

「人との縁」  第239号

2017.04.19

4月5日クラウンパレス小倉で株式会社マキシムの入社式を行いました。今年は9名の新入社員が仲間に加わり、現在は所属店舗で元気に働いています。今年度の式典での企画は「美容を漢字一文字で表したら」と言うテーマで各人の想いをスピーチして頂きました。私たちや来賓の方も含め全員での発表です。私は“縁”という一字を色紙に書いて発表しました。高校生の時に技術を身につける道に進みたいと思い歯科技工士を目指しましたが学費が高く断念。そこで母親が結婚前に東京で美容師をしていた事もあり不思議と迷いなく美容学校に進学。縁あってマキシムでアルバイトする事になり、そのまま就職しました。何よりも創業者との出会いが大きかったです。美容師としてはリタイアしましたが美容業を続けている事。お客様、スタッフとの出会い、9回に及ぶ転勤でたくさんの人と出会えた事。そして今では社員を採用する立場になり、九州各地の学校とお付き合いさせて頂き、県外からもマキシムに入社するようになりました。美容室は全国に23万軒、新卒者が2万人ほどで採用が難しく人手不足も今後さらに懸念される中、新卒者1人を11軒の美容室で求人する倍率の中で今年入社した9名との出会いもすごい確率です。このような縁があって人と出会い、今が成り立っています。
技術を通じてお客様と出会い、生活に喜びと元気を与え、人生の節目に携われる。この縁が美容師の醍醐味です。
私の美容、それは一言で“縁”です。

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「リスタート」 第238号

2017.03.18

胃腸炎にかかり2週間もの長い期間体調を崩してしまいました。体重があっという間に2kg落ち、体力は無くなり、病院の先生には3日も続けて点滴に来るように言われる始末。熱が出なかったので仕事は出来ましたが、今まで長いこと働いてきた中で初めての経験で一番辛い思いをしました。当然アルコールはダメ、運動もサウナもダメ、食べ物も油ものはダメ、いろいろと制限されると本当に食べる物もする事もなくなり、家では時間のゆとりが生まれました。今までは健康診断の前日以外は晩酌をしていましたが、こんなところで長期の肝休日。胃腸内臓を休ませなさい!というお告げだと思い健全な日々を過ごしました。時間が出来たおかげで、途中だった全10巻の小説を読み終える事も出来ました。
その時に必要な事が起こる。そして “今、ここ”に感謝する。プライベートも仕事も、良い事も悪い事も、あるがままを受け入れる素直さが大切。とはいえいつもはふりかかる出来事に一喜一憂、左右され、イライラやバタバタ、まさに右往左往して、それを何とかしようと考え、逆らおうとします。自分に起きた事は必然と受け止める事ができれば楽なのに、、、そんな時、普段はやさしさを持とうと言いながらも優しくない自分勝手な私が出てきます。今回体調を崩したのは良かった事でした。腸内デトックスもできたし、ようやく元気になりました。そろそろリスタート!まずはスポーツジムで汗を流そうかな。

福岡エリアマネージャー 和田 悟

「やるか、やらないか」 第237号

2017.02.20

各地で市民マラソン大会が行われています。私の友人も北九州マラソン、熊本マラソンに出場しました。話を聞くと3月頃までが時期で、暖かくなると熱中症などの危険が増すため無いそうです。この頃は通っているスポーツジムでもそんな話しでもちきりです。「一緒にマラソンに出ましょう」「和田さんなら大丈夫」と声を掛けられます。週3日程はジムで5~6㌔走っていますがフルマラソンは無理です。よく山登りと似ていて一度走るとハマりますよと誘われますが到底そんな気にはなれません。そもそも今走っているキッカケは体型・体調維持で、いつまでも美味しくビールが飲めますように!そして腰痛持ちで筋肉をつけた方がいいと指導された事から6年前よりずっと続けています。おかげでここ4年位は体重も安定して増減なく、夜も程よい疲労感でぐっすり快眠です。年を取ると共に目的がだんだん腰痛、肩こり、関節痛、ボケ防止など、多岐に亘ってきました。最近は腰痛と肩こりが一番の悩みです。
マラソンの話に戻りますが、ある人から言われた言葉を思い出しました。何事もやるか、やらないか?(出るか、出ないか?)物事の決断に半分だけは無いと言われました。そしてそれにより今を、未来を、自分を決めている。そう言われると人生も今まで色々な場面でどっちかを選択して生きてきたと思います。学校も、就職も、結婚も、人付き合いも、遊びも…。これからもそうなのかもしれません。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
福岡エリアマネージャー 和田 悟

「美容師」  第236号

2017.01.15

成人式が終わり、やっと私たちの新年がスタートしました。今年も一年宜しくお願い致します。
昨年の申年は世界中が大きく揺れた一年でした。今年の酉年は印象あるスタートです。まずは箱根駅伝の青学大の3連覇に感動。原監督の指導の基本である「ムダが9割、1割が勝ち残る」という信念で、規則正しい生活などの関係ない事はビジネスもスポーツも同じであるという話。また食品販売会社の社長さんは「ロスがあるから売れる、残った数少ない物は売れない」と廃棄ロスを説く。どちらも一見ムダとも思える事をし続ける、本当は関係がないかもしれないが大切にするという事が共通していました。「ムダが大事」そう考えると私たち美容師の仕事もお客様が来店されている以外の時間も大切だった事を思い出しました。ずっと皆に言い続けてきたこと「お客様が目の前に座って初めて美容師。免許を持っている事が美容師ではない」このことを今年は強く意識して取り組もうと考えています。
原監督の「陸上のための陸上ではない。社会があってはじめて陸上界がある」私は技術をしていません。ただ同じように「美容師である前に社会人である」社会があってはじめて美容界があると思います。スタッフには読書をすすめたり、挨拶や掃除、ルール・マナーなど仕事とは関係のない事を言い続けたりしてます。そして自分自身にも継続する事、凡事徹底を意識しています。1割の結果を出すためには9割のムダや頑張りが必要であることを年初に誓いました。今年はマキシムブランドを構築していきます。
福岡エリアマネージャー 和田 悟

1234567