美容室マキシムは、お客様に心地よい空間を提供します

予約

COLUMNコラム

あや社長のコラム

代表取締役社長 渡邊 あや

北九州の成人式

2016.01.18

今年は、暖かいお正月でした。成人式もお天気に恵まれました。美容師になって20年になりますが、毎年成人式のお支度をさせて頂いてます。毎年、流行があります。飾りをたくさんつける年、盛り髪、ふあふあカール、日本髪風… 最近は編み込みを入れた可愛らしい髪型が人気です。お着物にも時代による流行がありますが、最近はデザインも柄も様々です。 「成人の日」というのは、ご本人にとっても大人になるという自覚の日。ご両親にとっても「成人してくれてありがとう」という安堵と振袖を絡う娘が誇らしい日です。
二十歳の同じ歳の人々が一度に集まるという儀式は貴重な風習だと思います。
だからこそ、振袖を着て髪を結う。髪を結う時、着付けをしている時、嬉しそうに娘さんを見ているお母様を見ていると、私達も感動します。そんな大切な日だからこそ、スタッフは着付、セット、メイクを一生懸命に練習します。また当日までは穴をあけないために体調万全にして臨みます。
最近「北九州の成人式」が話題になります。形は様々ですが、一生に一度のイベントに想いとお金をかけて、全力を尽くしている姿勢は、成人式に参加しなかった私にとってはうらやまし位です。
いろんな想いがつまった1日。「成人式」だからこそ、お天気に恵まれるとホッとします。2016年もマキシムをよろしくお願いします。
㈱マキシム社長 渡邊 あや

「香り」嗅覚は記憶。

2015.11.16

「香り」嗅覚は記憶。
高校を卒業して貯めたお金で1番に買ったのはシャネルの「クリスタル」というオードトワレでした。大人への憧れや背伸びだったのかもしれません。
その後、働き出してから、ニナリッチのトマトの香り「レベルドリッチ」が大好きでした。母が私をイメージしてプレゼントしてくれた香りでした。美容師として悪戦苦闘していて自信をなくしていた私に、自分らしさを取り戻してくれた香水です。
3年前から愛しているのはクロエの「LOVE」珍しく3本リピートしています。香水は自己表現だと思います。好きな香りで「私は私」といっているのかもしれません。 髪型も同じです。なりたい自分を表現できる大事な要素です。
キンモクセイの香り、銀杏の香り、雨の香りなど、この時期は、香りと一緒に残り少なくなった1年を振り返る事が多いです。
季節の変わり目です。ご自愛ください。
株式会社マキシム社長 渡邊 あや

東京ガールズコレクション

2015.09.21

先日、火事の夢を見ました。夢の中で火事の夢を見たという自覚があり、起きたら夢占いで調べなきゃと思っていました。その時は鮮明だった記憶もだんだんうすれてきます。起きてすぐに、ドキドキしながら夢占いを調べました。
すると思いの外「吉夢」家が火事なら、家族の幸せ、繁栄、会社が火事なら会社の繁栄を意味するそうです。残念ながら、何が火事になったかは覚えていませんでした。しかし勢いのいい炎は覚えているのでいい夢のようです。
10月17日土曜日に北九州で初めて「東京ガールズコレクション」が開催されます。福岡市でも未開催ですが、北九州の開催決定は大きなニュースになりました。地域創生、北九州のイメージアップに大きな期待も寄せられています。
マキシムもお客様をセットするブースとして参加が決定しました。北九州の美容室代表として参加できて光栄です。
北九州が “おしゃれ輝く街” になりますように。

株式会社マキシム社長 渡邊 あや

10冊の葉書

2015.08.05

先日、会長のDMを整理していたら、ファイルで10冊ありました。1978年にマキシムが開店して以来32年間、毎月お客様にだしていたお葉書です。
”いらっしゃいませ“から”いらっしゃいませ“ マキシムにご来店されてから、次回ご来店されるまでに ”おげんきですか“とお葉書を書きます。
必ず手書きです。駄犬カン(メス)の話題や季節の花々、日常感じたことなど、美容に関することではなく本当にお便りでした。若い頃のDMは、字も若く筆圧が強く意気揚々としています。マラソンしたり、ゴルフをしたり文章からも元気だったことが伺えます。
最近は、事務所の看板犬こめ(メス)と毎朝ラジオ体操に行ってるそうです。こめは6月で7歳になりましたが、ようやく散歩をするようになりました。昨年までヘルニアになったり、皮膚病になったり病気がちでしたが、最近は本当に元気です。
ラジオからサザンオールスターズの「チャコの海岸物語」が流れています。懐かしい曲ですが桑田さんの声も若い。盛暑が続いていますが、夏の歌を聞くとワクワクします。
暑中お見舞い申し上げます。マキシムはお盆も休まず営業しています。

 

マキシム社長 渡邊 あや

マキシムに入社して16年

2015.06.15

マキシムに入社して16年経ちました。
入社以来、毎月担当させて頂いている男性がいます。ダンスの講師をされていましたが、ある年からおひげを生やし始めました。
「今までずっと社会人としてキチンとしていなくてはならなかったでしょう?今からはアウトローにしたくてね…」その後は温泉に行ったり、今まで出来なかったことをのんびり楽しまれていました。毎月カラーとマニキュアとおひげのトリミングもさせて頂いていました。ある日、おひげがなくなっていました。
「またダンスを始めようと思ってね」とにこやかに言われました。1年かけてウォーキングと食事で体重を減らし、スリムになっていました。服装も毎回若々しくなります。
「今、服はスタイリストがいるんだよ。ヘアのスタイリストはあやさんだね。これからも、よろしくね」来月、久し振りにペアで、ショウで踊るそうです。
「来年は古希なんだよ。今までは仕事だったけど、今からは楽しもうと思ってね」
キラキラした笑顔。長年ずっと仕事としてたことを心から楽しまれている姿が素敵だなぁと思います。
株式会社マキシム社長 渡邊 あや

幸せの定義

2015.05.12

胡蝶蘭の花言葉は”幸せが飛んでくる“お花を見ているだけでも癒されますが、花言葉を知っていると、何だかいいことありそうでワクワクします。だけど「幸せ」って何?とよく考えます。そんな時、オードリーヘップバーンさんの「幸せの定義」を見つけました。
“健康と物忘れの早さ”
『迷わないことが強さじゃなくて、泣かないことが強さじゃなくて、どんなことがあっても前を向けることでしょう?前をね。』こちらはムーミン谷のミイのセリフです。
前を向いているためには、物忘れも大事。なるほど…と感心しています。
今、小顔マッサージをサービスしています。首まわり、顔、デコルテをマッサージすると小顔になります。スッキリしないのはむくみが原因。むくみ、タルミは老廃物を流すと解消されます。流すとキレイになる…。イヤな過去は忘れて前を向く…。美容にも通じる定義のような気がします。オードリーヘップバーンさんの美しさは内面からでているのだと感じました。
株式会社マキシム社長 渡邊 あや

入社式

2015.04.07

14月2日に入社式を行いました。今年は6名入社しました。美容学校に2年通い、3月卒業、無事に国家試験に合格して入社です。警察官と美容師と迷ったが、人と接することが好きなので美容師を選んだ人。お母さんが美容師だったので憧れて美容師になった人。学生時代サッカーをしていてサッカー選手になろうと思っていたが、美容師を選んだ人。美容師になる動機は人それぞれです。世の中にたくさんの仕事がある中で、美容の仕事を選んだ人の共通点は「人が好き、人に興味がある、人に喜んでもらいたい」だと思います。
若松店配属の新人スタッフが「若松店店長は子供も育てながら、お客様にも愛され、スタッフにも愛されて憧れています。私は店長のようなスタイリストに早くなります!」と宣言してくれました。
夢が描ける入社式。20才の女性5人、男性1人。1年後、2年後、5年後… 笑顔でお客様にスタッフに愛されているスタイリストになっている姿が私にも想像ができました。クラウンパレスからの眺めは桜色。一気にあたたかくなり満開の桜がお祝いしてくれている様に見えました。
株式会社マキシム  社長 渡邊 あや

「ありがとう」と言われる仕事

2015.03.11

長い間、マキシムに通って下さっている80代のお客様が、お孫さんに連れられて久しぶりに来店されました。2年前に手術されてからは、なかなかお店にも来れず、今回も半年振りでした。元気な時は、しっかりパーマをかけて、刈りあげをしていたヘアスタイルも、パーマはかける体力がないので肩まで伸び、ボリュームのないヘアスタイルはとても老けてみえました。思い切って耳の半分位までの長さまでカットし、後ろは刈り上げました。すると、見る見る表情が明るくなり「気持ちがいい」と声のトーンも高くなります。隣でカラーをしていたお孫さんに「眉カットしてもらったら?」と言われ、眉カットしました。きれいに眉の形を整え、少しファンデーションを塗りました。長いまつげが下を向いて痛そうだったのでビューラーでまつげを上げると…。
「人生初めてビューラーしたよ」と目をキラキラさせて鏡を見られてます。
まるで少女のように…。先月、行橋から小倉までわざわざ姉妹で長年通って頂いたお客様の訃報を聞きました。体調を崩されても病院帰りに寄ってくれて、帰り際には「気持ちよくなった、ありがとう」と言われていました。最後の笑顔も忘れません。わざわざ来て下さるお店。
「ありがとう」と言われる仕事。時折、落ち込んだ気持ちを熱くしてくれるのは、いつもお客様のキラキラした嬉しそうな笑顔なのです。
株式会社マキシム   渡邊 あや

MAXIM

2015.02.10

「MAXIMマキシム」という店名は会長渡邊知彦が付けました。当時、マキシムと言えば “コーヒーはマキシム”というフレーズが有名でしたので、よく「コーヒー屋さん?」 「喫茶店?」と聞かれました。
英語では、「格言、金言」という意味です。私の中では、MAXIMUMマキシマムの 「最上級」の意味で捉えていました。
フランスの有名な高級レストランのMaxim’s de Parisのイメージからでしょうか?
先日、あるワークショップに参加しました。
「1年後、自己実現したスタッフから、あなたにプレゼントが届きます。イメージして下さい」という質問。
私の頭の中には、“メタリックなブルーとシルバーの包み紙”“青いリボン”“中身はキラキラと輝く青い小花のアレンジフラワー”でした。青ばかり…。
解説してもらうと、「青色」は知識欲。「メタリック」は高級感。花束のイメージは「成功のヒントは祝福」「才能の開花」「お互いに認め合う」でした。
見事に私がイメージしている。これからのマキシムでした。
1月の店長会議で各店長からも、マキシムのイメージは「品格」「最高のもの」「信頼」等の言葉がでました。 今年のマキシムのテーマは「原点回帰」です。マキシムという店名に恥じないお店を目指します。
株式会社マキシム社長  渡邊 あや

「未が来る」と書いて「未来」思い描く

2015.01.15

先日、成人式が終わりました。最近の成人式のご予約は4月くらいでいっぱいになります。貸衣装屋さんからのご紹介が多く、各店たくさんのお嬢様のセット・メイク・着付をさせていただきます。事前にご来店頂き、ヘアメイクの打ち合わせをし、前日はお着物の準備、ヘアの仕込み等をします。
一生でたった一日の大切な日。
ご本人にとってもそうでしょうが、何よりもご両親にとっては、娘さんが20才を迎えられたという喜びは大きいと思います。当日、お支度が終わり、出来上がった娘さんを見て、嬉しそうに笑っているお母様のお顔を見ていると、こちらも心が温まります。
又、美容師も成人式を目標に1年かけて、セット・着付・メイクのレッスンをしています。初めて担当するスタッフは緊張のあまり肌荒れしたり、年末忙しくてヘトヘトでも練習します。指導する側もミスがないように、お客様に喜んでいただけるように神経を張り巡らせています。
そんな想いがたくさんつまった成人式という一日。
毎年、綿密にタイムスケジュールをたて、責任を持って挑んでおります。
マキシムのステップアップはこの日が終わってから…。
また、今年もマキシムはステップアップしました。
「未が来る」と書いて「未来」思い描いた未が今年皆様のもとに来ますように…
マキシム社長 渡邊 あ5

12345678